蓄光塗料 大平製作所




照度と輝度について

  
■ 照度=ルクス(lx)とは?

ルクス(照度)は、「光があたっている表面の単位面積当たりの光束の量」と定義されます。つまり、1ルーメンの光束で1m2を照らす場合の照度の事で、1lx=1lm/m2となりますが、要するに『光を受ける面の明るさの事』その他の表現では、1カンデラの光源から1m離れた所を照らす明るさが1ルクスとなります。

例えば、下表の様な場所の照度のイメージは次の通りです。

 テレビ放送のスタジオは  約 1,000 lx
 一般的な事務所の机の上 約 400 lx
 60ワットの裸電球から直下1mの場所 約 60 lx
 ゲンジボタルが光った時、1p離れた場所 約 3 lx
 満月が地面を照らす明るさは  約 0.5 lx

・光束(ルーメン):光源からでる可視光の総量
・光度(カンデラ):光の強さで、光源からある方向にどれだけの光の量が出ているかを表す。




■ 輝度=カンデラ毎平方メートル(cd/m2)とは?

光度の基本単位の事で、定義は「1カンデラ(cd)は、周波数540×1012Hzの単色放射を放出し、所定の方向におけるその放射強度が1/683ワット毎ステラジアンである光源の、その方向における光度である」となりますが、簡単に表現すると
『ある方向から見たとき、その物がどれだけ輝いて(明るく)見えるかを表したもの』です。




 蓄光塗料の性能に戻る







Copyright © 2006-2017 Ohira Seisakusho all rights reserved.

 大 平 製 作 所 〒487-0021 愛知県春日井市東神明町704-7