蓄光塗料 大平製作所

Topics一覧のページです。
弊社の蓄光、蛍光塗料をご利用いただいたイベントや作品などをピックアップしました。
また、お問合せの多かった質問事項もとりあげてみました。



    


「おとまり保育」  台東初音幼稚園
  
東京都台東区にある台東初音幼稚園のイベント「おとまり保育」で、蓄光塗料をご利用いただきました。
子供たちの手で塗料を塗り、お星さまや星座、お月さまなど色々な形に切り取り、お部屋全体に貼り付けてプラネタリウムを作ってくださいました。


画像をクリックすると拡大します

「七夕祭」  慶應義塾大学
  
慶應義塾大学 七夕委員会主催の第25回七夕祭りが、2014年7月5日に開催されました。
色々なイベントが催されましたが、その中で枚数限定の「光る短冊」を飾り付ける企画がありました。この光る短冊に蓄光塗料をご利用いただきました。
弊社は、協賛という形で参加させていただきました!


七夕祭のリンクは こちら へどうぞ!
     
ポインターで発光画像
クリックで拡大します

「文化祭」  長野市立更北中学校
  
長野市立更北中学校の文化祭で蓄光塗料をご利用いただきました。
同中学の校章のデザインをモザイク画として作製し、その一部を蓄光塗料で光らせてあります。このモザイク画は3×4m程度の大きさとなっています。
全校生徒ひとりひとり、全ての生徒の手によって作られた作品です。 


長野市立更北中学校の文化祭のリンクは こちら へどうぞ!
     
ポインターで発光画像
クリックで拡大します

『元素百科』 (編集・執筆 : クリエイティブ・スイート)
  
「元素百科」は、ビジュアル雑学図鑑です。元素の基本から我々の暮らしの中でどのように役立っているのかなど、分かりやすく図解されています。興味がある方は是非ご覧ください。
書籍内のchapter4<美しき元素たち>の中の[暗闇で光る元素]のページで、弊社の蓄光写真(避難誘導表示板)をご利用いただきました。 


詳細情報については こちら へどうぞ!
     
クリックすると拡大します

「名古屋市科学館」
  
名古屋市科学館は、一部施設の老朽化などの理由により大幅改修され、2011年3月19日にオープンしました。

改修された「理工館」の5階は、“物質・エネルギーのせかい”のフロアとなっており、そのフロア内に原子・分子のコーナーがあり、電子パネル式の元素周期表が設置されています。パネルにタッチするとその元素の詳細情報や応用例が表示されます。元素の中の“Dy”(ディスプロシウム)の説明欄で弊社の蓄光写真(避難誘導表示板)をご利用いただきました。 


名古屋市科学館のweb siteは こちら へどうぞ!
科学館5Fの元素周期表の展示コーナーは こちら へどうぞ!

クリックすると拡大します
        
もっと詳しい内容はこちら→

『放課後はミステリーとともに』 (TBS系ドラマ)
  
「なぞ解きはディナーのあとで」などの作品で著名な東川篤哉氏の同名作品が、2012年4月末~TBS系で放送されました。 
この話の1回表・裏の「UFO殺人事件!~X山ファイル~」では、緑色に光るUFOが話題となります。このUFOには夜光塗料を塗った凧が使われますが、この光る凧の製作において弊社の夜光塗料(蓄光塗料)にオファーをいただきました。
 

リンク(TBS) →  http://www.tbs.co.jp/houmisu/
     
クリックでリンクへ

「Studio hama」  光り絵 part2
  
2012年10月、studio hama様のハロウィンイベントで蓄光塗料を使用した光り絵を企画していただきました。

子供たちがペンライトなどを使って描いた光り絵です。テンプレートなども利用して描かれた光り絵はとても素晴らしいもので、イベントは大成功に終わったとのご報告をいただきました。

撮影した動画もございます。詳しくは こちら へどうぞ!!

クリックすると拡大します
     

「光る壁画」   作 : 仲田鉄工建設有限会社
  
東京都江戸川区にあるカラオケ店「999」。この店内の壁に特殊蛍光塗料を使用して光る壁画を描いていただきました。

この壁画は、“ブラックライトアート”などとも呼ばれており、照明下の明るいところでは何も描かれていない様な白い壁が、暗所でブラックライトを点灯させると発光する素敵な絵画が出現するというものです。

他にも作品の写真がございます。詳しくは こちら へどうぞ!

クリックすると拡大します

「岡崎市 ホタル学校」  2012年4月1日開校
  
愛知県岡崎市東部に自然豊かな里山が広がる鳥川町があります。そこでは、地域の人々のホタル保護活動によって、毎年数多くのホタルを見ることができます。以前、鳥川小学校という学校がありましたが廃校となり、この度「岡崎市ホタル学校」として生まれ変わりました。

校舎の壁画に、蓄光塗料で子供たちが ホタルの絵 を描いてくれました。

「岡崎市ホタル学校」のホームページは こちら へどうぞ!!


クリックすると拡大します
          

OSAKA CANVAS PROJECT 2011(おおさかカンヴァス推進事業)
  
「おおさかカンヴァス推進事業」とは、大阪のまち全体をアーティストの発表の場として「カンヴァス」に見立て、大阪の新たな都市魅力を創造・発信しようとするものです。
OSAKA CANVAS PROJECT 2011では、アーティストの佐藤準氏に弊社の蓄光塗料をご利用いただき、作品を発表、展示していただきました。
当該企画に協力会社としてクレジットしていただきました。


OSAKA CANVAS PROJECT 2011のリンク先は こちら へどうぞ!!
     
クリックすると拡大します

(PDFファイル)

蓄光塗料(夜光塗料)と放射線について 
   
最近、「蓄光塗料に放射線物質が入っていますか?」という内容のお問合せをいただきます。報道などの影響だと思いますが・・・。 今回は、この内容についてTopicとして取り上げました。

はじめに夜光塗料や蓄光塗料と呼ばれる材料について詳しくご説明いたします。夜光塗料とは、その名の通り暗闇で発光する塗料の事ですが、その夜光塗料にも2つのタイプがあります。1つは夜光塗料自体に発光物質を刺激する・・・・・・ (続きを読む)
詳しい内容はこちらをご覧ください。→

舞台 『ゲゲゲの女房』 東宝株式会社
  
2008年に刊行された一冊の本、「ゲゲゲの女房」。
漫画家・水木しげるの妻である武良布枝が記したこの一代記を、2010年に「NHK連続テレビ小説」としてドラマ化、映画化され大ヒットを記録。

そんな話題作が舞台化され、全国各地で公演されます。

この「ゲゲゲの女房」の舞台演出で蓄光塗料をご利用いただきました。


舞台「ゲゲゲの女房」のリンク先は こちら へどうぞ!!
     
クリックすると拡大します

「一時画伯」  光り絵
  
「一時画伯」は、美術に触れることの少ない子供達にアートを届ける活動を行なう非営利団体。

この度、3.11大震災にて被災した子供たちに元気を少しでも取り戻してもらうためのワークショップ「魔法の杖の物語」で、光り絵を描くためのキャンバスに蓄光塗料をご利用いただきました。

「一時画伯」の当該ブログのリンク先は こちら へどうぞ!!

クリックすると拡大します
          

Jersey Girl Homemade Guitars
  
ジャージーガール・ホームメイドギターズ様が、創立20周年を記念して、蓄光仕様の素敵なエフェクターを製作してくださいました。

他にも沢山の写真と素敵な動画もございます。
その他の写真と、Jersey Girl Homemade Guitars様のリンク先は こちら へどうぞ!!

クリックすると拡大します
          

佐藤 隼 (サトウ ジュン)
    
佐藤氏は、東京芸術大学 大学院を卒業され、高等学校美術教員を経て、美術作家(アーティスト)として活躍されています。

その他の写真と、佐藤隼氏の作品がご覧いただけるリンク先は こちら へどうぞ!!
クリックすると拡大します
          

和歌山環境組合
    
企画会社 和歌山環境組合 様により企画された「津波避難場所」の誘導サインです。
製作施工は ad.Bark's アド・バークス 様にて行なっていただきました。

この誘導サインの詳細は こちら へどうぞ!!
クリックすると拡大します
          








Copyright © 2006-2017 Ohira Seisakusho all rights reserved.

 大 平 製 作 所 〒487-0021 愛知県春日井市東神明町704-7